コラム|豊田市の眼科。近視治療、白内障、緑内障、コンタクト。土日祝日診療

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

09021317144
2019年12月より変更となりました

診療時間

10:00~13:00 / 15:20〜18:30(土日祝は14:00~17:00)

※土日祝については、午前の診療が延長した場合には、開始時間が15:00などに遅れる場合がございます。予めご了承ください。

◆ ご注意とお願い ◆

①当院は一部検査を除き予約制ではありませんので、受付順の検査・診察になります。
電話での呼出サービスを実施していますので、受付・検査をお済ませの上、向かいのショッピングセンターなどへお出掛け下さい。
②受付終了時間は、診療時間終了の30分前となります。
また、コンタクトレンズの装用練習を当日希望される方(全くの未経験者)は「1時間前」となります。
③土日祝の午前中など患者様が集中した場合(目安100人以上)、午後診療にご案内させて頂く場合がございます。
予めご理解・ご協力の程、宜しくお願いします。
(土日祝については最初から午後2時半頃ご来院頂く方がトータルの待ち時間は少なくなる可能性がございます)
④一度、コンタクトを購入された方の追加注文については、購入時にお知らせしているメールアドレスにて対応しております。
⑤「090」の番号へのショートメールを送られる患者様がおられますが、行き違い防止のために対応しておりません。
⑥混雑時は眼前の患者様対応優先のため、電話に出られないことがあります。直接、受付にてご相談下さい。
⑦ナイトレンズ(オルソケラトロジー)についてのお問い合わせが多く受付業務に影響が出ております。
料金・プランなどは無料体験時に詳しく説明いたしますので、電話や受付でのお問い合わせはご遠慮下さい。

コラム

コラムについて

2015年10月号紙面

院長は、目に関する知識の普及を目的に、豊田市・みよし市の地域コミュニティ誌「ピポ」に毎月連載を行っています。

以下、掲載内容の一部を公開いたします。

※「限られた文字数でわかりやすく」という雑誌の編集方針に従い、説明が簡略化されていることをご了承下さい。

コラム掲載内容の目次

「マイナカードと保険証」        2022年 2月号

「プラセンタ・にんにく注射」 2021年 2月号

「まつ毛育毛と薄毛治療」   2020年11月号

「シミ・シワ・たるみ」    2020年10月号

「黄斑円孔」         2020年 9月号

「黄斑上膜」         2020年 8月号

「花粉症」          2020年 3月号
「ドライアイ・下」      2018年 3月号
「ドライアイ・上」      2018年 2月号
「飲む日焼け止め」      2017年 9月号
「花粉症」          2016年 3月号
「オルソケラトロジー」    2015年12月号
「加齢黄斑変性症」      2015年11月号
「職場の健康診断」      2015年10月号

マイナカードと保険証(2022年2月号)

【編集部より】

豊田市・みよし市の医師会広報委員でもある松田先生にお話を伺いました。

 

【マイナカード】

時折、耳にする「マイナカード」。正式にはマイナンバーカードと言います。住民票を持つ全ての人に番号が割り当てられ、それと顔写真、氏名、住所、生年月日を記載したものがマイナカードです。なんか運転免許証と似ていますよね? そうです、運転免許の無い方でも持てる身分証、というイメージです。このマイナカードに保険証の機能も持たせるシステムが2021年10月より始まっています。

 

【ポイント】

マイナカード普及のため政府は「アメ」を用意しました。2022年1月よりマイナカードを作成すると5000円、保険証と紐付けると7500円、銀行口座と紐付けると更に7500円分のポイントを付与する制度が始まりました。

 

【誤解】

個人情報保護についての誤解がありますが、医療機関のスタッフはマイナカードには触りません(番号等を見ることはありません)。当院もシステムを導入していますが、患者様ご自身が器械にかざすだけで終了しますのでご安心下さい。

 

【注意点】

自己負担分を市町村が補助してくれる「受給者証」(子ども、ひとり親家庭、障碍者、精神障碍者、福祉など)は保険証とは別の扱いなので今後も持参する必要があります。

プラセンタ注射・にんにく注射(2021年2月号)

【編集部より】

巷でよく聞く「プラセンタ注射」「にんにく注射」。抗加齢専門医の資格をお持ちの松田先生に「抗加齢医学」としての見方でお話を伺いました。

 

【抗加齢医学】

抗加齢医学とは、今までの医療では端役だったサプリメントや点滴、栄養指導、運動、ストレスケアなどを用いて「病気ではない」状態にとどまらない「心身ともにバランスの取れたより良い状態」の維持を目標とする医学です。私は国立長寿医療センターの厚生労働技官時代に専門医資格を取得しました。

今回は、安全性と効果が認められた代表選手のプラセンタ注射と疲労回復注射についてお話します。

 

【プラセンタ注射】

ヒト胎盤から有効成分を取り出したもので、豊富な栄養素や体内の幹細胞を活性化させる成分が含まれています。女性の更年期障害の治療として使われていましたが、最近では細胞の再活性化、免疫⼒向上、アトピーや花粉症の改善、精神安定などの効果が知られ、男性にもよく使用されています。

 

【疲労回復注射】

疲労や倦怠感の原因物質である乳酸を処理し、俗に「にんにく注射」と呼ばれています。各クリニックによって多少薬剤が異なり、当院では疲労時に併発しやすい皮膚炎や腰痛、肩こりに効果的な薬剤も加えています。

 

目元のオシャレ「まつ毛育毛」と薄毛治療(2020年11月号)

【編集部より】

前月号に引き続き「目元の雰囲気を変えてくれるお薬」の話です。抗加齢医学会の専門医資格をお持ちの松田先生にお話を伺いました。

 

【まつ毛貧毛症】

前月号では、「目元の印象」を変える薬としてシミ・シワ・たるみに対する塗り薬の話をしました。今月は、まつ毛を「長く・太く・濃く」する塗り薬のお話です。ビマトプロストと呼ばれ、1日1回綿棒のようなもので、まつ毛の根元に塗るだけで2か月ほどで効果が出ます。取り扱いは簡単ですが、市販のまつげ美容液とは違い、治療薬になるため医療機関のみで処方可能です。

 

【毛のサイクル】

まつ毛は「成長」「退行」「休止」「脱毛」というサイクルを繰り返しています。この「成長期」を長くすることにより、まつ毛を「太く・長く・濃く」育てます。同じサイクルのある「髪の毛」も「成長期」を長くすることにより、「太く・長く・濃く」育てられますので薄毛治療が可能です。フェナステリドという名前の薬で、当院でもコンタクトレンズを買いに来る男性が「ついでに」希望されていきます。テレビ・ネットで「AGA治療」と男性芸能人のCMがありますが、この内服薬がメインです。これも医療機関のみで処方が可能です。

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

09021317144
2019年12月より変更となりました