結膜の出血(2015年1月号)|豊田市の眼科、近視治療、コンタクトレンズ。土日祝日診療

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

07053317144

診療時間

     

10:00~13:00 / 15:20〜18:30(土日祝は14:00~17:00)

◆ ご注意とお願い ◆

①当院は一部検査を除き予約制ではありませんので、受付順の検査・診察になります。
②受付は終了時間の15分前となりますが、非常に混雑した場合は早く終了する場合がございます。
③初めてコンタクトを希望される方の受付は、装用練習のため終了時間の1時間前となります。
④「070」の番号へのショートメールは、行き違い防止のために対応しておりません。お電話でお願いします。
⑤一度、コンタクトを購入された方の追加注文については、購入時にお知らせしているメールアドレスにて対応可能です。
⑥ナイトレンズ(オルソケラトロジー)についてのお問い合わせが多く受付業務に影響が出ております。
料金・プランなどは無料体験時に詳しく説明いたしますので、受付や電話でのお問い合わせはご遠慮下さい。

コラム

結膜の出血(2015年1月号)

2015.01.01

【最も派手な赤目】
眼科で赤い目というと、細菌やウイルスによる結膜炎や花粉症をはじめとするアレルギー性結膜炎が多いですが、最も派手に赤くなるのは「結膜下出血」です。
自覚症状はあまりないのですが、絵の具で塗ったように広く赤色になるので、「人に言われて」「鏡を見て」受診する方が多いです。 

【流行りのピーク】
少し過ぎましたが10月後半で寒くなりだすと患者さんが増える印象があります。
弛緩した結膜の動きによっても毛細血管から出血しますので、気温や乾燥が影響しているのではないかと思っています。
見た目は派手ですが出血量は少量で、多くの場合10日程で吸収されてしまいますので心配いりませんが、ごくまれにウイルス性の結膜炎や何らかの基礎疾患から発症していることもあります。
違和感が強い場合や繰り返す場合は眼科を受診されることをお勧めします。
特に外傷後の結膜下出血は必ず受診しましょう。

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

07053317144