コラム|豊田市の眼科。近視治療、白内障、緑内障、コンタクト。土日祝日診療

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

09021317144
2019年12月より変更となりました

診療時間

10:00~13:00 / 15:20〜18:30(土日祝は14:00~17:00)

※土日祝については、午前の診療が延長した場合には、開始時間が15:00などに遅れる場合がございます。予めご了承ください。

◆ ご注意とお願い ◆

①当院は一部検査を除き予約制ではありませんので、受付順の検査・診察になります。
電話での呼出サービスを実施していますので、受付・検査をお済ませの上、向かいのショッピングセンターなどへお出掛け下さい。
②受付終了時間は、診療時間終了の30分前となります。
また、コンタクトレンズの装用練習を当日希望される方(全くの未経験者)は「1時間前」となります。
③土日祝の午前中など患者様が集中した場合(目安100人以上)、午後診療にご案内させて頂く場合がございます。
予めご理解・ご協力の程、宜しくお願いします。
(土日祝については最初から午後3時頃ご来院頂く方がトータルの待ち時間は少なくなる可能性がございます)
④一度、コンタクトを購入された方の追加注文については、購入時にお知らせしているメールアドレスにて対応しております。
⑤「090」の番号へのショートメールを送られる患者様がおられますが、行き違い防止のために対応しておりません。
⑥混雑時は眼前の患者様対応優先のため、電話に出られないことがあります。直接、受付にてご相談下さい。
⑦ナイトレンズ(オルソケラトロジー)についてのお問い合わせが多く受付業務に影響が出ております。
料金・プランなどは無料体験時に詳しく説明いたしますので、電話や受付でのお問い合わせはご遠慮下さい。

コラム

コラムについて

2015年10月号紙面

院長は、目に関する知識の普及を目的に、豊田市・みよし市の地域コミュニティ誌「ピポ」に毎月連載を行っています。

以下、掲載内容の一部を公開いたします。

※「限られた文字数でわかりやすく」という雑誌の編集方針に従い、説明が簡略化されていることをご了承下さい。

コラム掲載内容の目次

「インフルエンザの予防接種」 2021年11月号

「黄斑円孔」         2020年 9月号

「黄斑上膜」         2020年 8月号

「花粉症」          2020年 3月号
「ドライアイ・下」      2018年 3月号
「ドライアイ・上」      2018年 2月号
「飲む日焼け止め」      2017年 9月号
「花粉症」          2016年 3月号
「オルソケラトロジー」    2015年12月号
「加齢黄斑変性症」      2015年11月号
「職場の健康診断」      2015年10月号

コロナ禍でのインフルエンザ予防接種(2021年11月号)

【編集部より】

インフルエンザの予防接種の時期になりました。土日に接種をされている松田先生にお話を伺いました。

 

【インフルエンザワクチン】

インフルエンザワクチンは孵化鶏卵で増やしたウイルスを不活化した(感染力を無くした)もので、接種後2週間で抗体ができ、約5か月間効果があります。何十年にもわたり製造・使用されており「mRNAワクチンやウイルスベクターワクチンといった新しいタイプのコロナワクチンは危険だ」と不安を感じておられる方でも抵抗はないと思います。勿論、接種によりインフルエンザになることはありませんし、妊娠中でも接種可能です。

 

【打つのか打たないのか】

昨年は驚くほどインフルエンザ感染者が少なかったですよね。手洗い・マスクをはじめとするコロナ対策がインフルエンザにも効果的だったと思われます。「じゃあ、今年もコロナ対策してるから打たなくていいよね」とつい思ってしまうのですが、逆に「今年は大流行する」と予測する専門家もいます。根拠としては昨年流行しなかったために集団免疫の形成がほぼないため大流行する、というものです。

ウイルスの性質についてはまだ分かっていないことも多く、専門家の中でも様々な意見があるようです。

当院の対応としては「できることはやる」という考えのもと、職員は例年通り接種を受けます。

既に報道されている通り、今年は供給量自体が例年より少ないので例年通りの接種希望者が出た場合は全員に接種することは難しいと予想されています。

希望される方は早めに予約される方が良いと思います。

黄斑円孔(2020年9月号)

【編集部より】

網膜硝子体学会のPDT(黄斑変性症へのレーザー治療)認定医である松田先生にお話を聞きました。

 

【膜でなく穴】

黄斑。先月号を読まれた方は分かりますよね? 「おうはん」です。網膜の中心で、最も視力に影響する部分でした。先月号は「膜」が出来る黄斑上膜のお話でしたが、今月号は「穴」が開く病気です。医療系では穴は「孔」が使われますので「黄斑円孔」という名前になります。(因みに、黄斑ではなく網膜の周辺に穴が開いた状態は「網膜円孔」「網膜裂孔」と呼ばれ、外来で日帰りレーザー治療可能です)

 

【症状】

先月号で、黄斑上膜は「携帯画面にあまり透明でないシートを張ってしまった」状態とお話しました。黄斑円孔は「携帯画面に穴が開いた」状態です。当然、画面は見えませんよね? 視力は0.1以下にまで低下します。「真ん中が見えない」「視力が落ちた」と眼科を受診されます。

 

【治療】

先月号の黄斑上膜では、「すぐには手術をせずに経過をみることも多い」とお話しましたが、今回の黄斑円孔は手術が基本です。硝子体手術をおこなった後、数日間うつ伏せになる必要があり、それが少々大変です。網膜剥離ほどの緊急性はありませんが、早めに手術した方が経過は良いので、主治医と相談し治療方針を決めましょう。

黄斑上膜(2020年8月号)

【編集部より】

網膜硝子体学会のPDT(黄斑変性症へのレーザー治療)認定医である松田先生にお話を聞きました。

 

【黄斑】

網膜の中で、最も視力に影響する中心部分を「黄斑(おうはん)」と言いますが、その黄斑に薄い膜ができる病気です。「網膜」の「前」に膜ができるので「網膜前膜」と呼ばれたりもします。

 

【症状】

薄い膜越しに物を見るので、「なんとなく見にくい」カンジです。いわば、「携帯画面にあまり透明でないシートを張ってしまった!」状態です。進行すると膜が網膜にシワを作るので物がゆがんでみえます。

 

【治療】

「携帯に貼ってしまった気に入らないシート」どうしましょう? 剥がすしかありませんよね。つまり、治療は手術となります。但し、

① 進行しても失明しない

② 現在の視力や経過期間によって手術効果に差がある

③ 「成功すればすぐによく見える」という手術ではない

という理由から、困っている程度や各自の状況によって手術の適応が変わります。ごく稀に見つけるとすぐに手術を勧める医師もいますが、私はやや慎重派です。すぐには手術をせずに経過をみることも多く、定期的な検査で状態を把握することが大切です。

 

※ 来月は黄斑に穴が開く(!)「黄斑円孔」についてお話します

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

09021317144
2019年12月より変更となりました