コラム|豊田市の眼科、近視治療、コンタクトレンズ。土日祝日診療

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

07053317144

診療時間

     

10:00~13:00 / 15:20〜18:30(土日祝は14:00~17:00)

※受付は終了15分前までととなります。※初診コンタクトご希望の方は1時間前までとなります。※火曜は休診、木曜午後は手術日となります。

コラム

コラムについて

2015年10月号紙面

院長は、目に関する知識の普及を目的に、豊田市・みよし市の地域コミュニティ誌「ピポ」に毎月連載を行っています。

以下、掲載内容の一部を公開いたします。

※「限られた文字数でわかりやすく」という雑誌の編集方針に従い、説明が簡略化されていることをご了承下さい。

オルソケラトロジー(2015年12月号)

【編集部より】

今月、中日新聞に記事が掲載されてから問い合わせが増えた、という松田先生にオルソケラトロジー治療についてお聞きしました。

 

【概要】

今月、中日新聞にも記事が掲載されましたので、その治療の概要をお話します。夜だけ使用して昼間は裸眼で生活するので「ナイトレンズ」とも呼ばれています。

 

【歴史】

1960年代から研究が始まり、1990年代にはほぼ現在の形で治療が開始されました。既に米国やアジアでそれぞれ100万人以上の方が治療を受けられており、きちんと管理すれば重篤な合併症等のない安全な治療と考えられています。特にアジアでは小児の近視抑制治療として行われることが多くなっています。

 

【レンズ種類】

元々、米国FDA認可の世界的に普及している米国製レンズ、日本で初めて厚生労働省の認可を受けた国産レンズ、その後認可を受けた国産レンズの3種類があり、メーカーによって価格に少し差があります。私は、3種類とも使用経験があり、現在は最も安全性が高いと考える、柔らかいレンズを使用しています。

 

【効果】

清潔に保管・管理できるか確認することも大切なので、当院では2週間程度、無料でお試し体験をして頂いています。ほとんどの方が1~2日で見えるようになるため満足度も非常に高いです。ただ、どんな治療にも効果には個人差がありますので、実際に試して頂いた上で、継続希望がある方にのみお勧めしています。

 

加齢黄斑変性(2015年11月号)

【編集部より】

網膜硝子体学会認定の加齢黄斑変性治療(PDT)認定医である松田先生にお話をお聞きしました。

 

【発症数は増加】

今月は日本でも発症数が年々増加している加齢黄斑変性についてお話します。

 

【検査】

アメリカでは失明原因の第一位で、日本でも順位を上げている黄斑変性ですが、自覚が出る前に治療ができると失明を避けられる可能性が高くなります。その際に活躍するのがOCTという器械で、眼に触れることなく1分ほどで測定可能です。活動性の評価をする場合は造影検査も必要になります。

 

【予防】

他の病気と大きく異なり、予防効果についてのデータが豊富です。「禁煙」「バランスの良い食事・サプリメント」「紫外線予防」が大切です。サプリメントは玉石混合で、あまりに安い製品は実効吸収率がほとんどないものもありますし、あまりに高い製品も「なんでその値段?」と思います。長く続けてこそ価値のあるものなので、私は日本の製薬メーカーの中で比較的価格の安い製品をお勧めしています。

 

【治療】

進行してからの治療には眼内への注射とレーザーがあります。いずれの場合も1回治療したらそれで終わり、というものではなく、継続的な治療が必要となります。

職場での健康診断(2015年10月号)

【土日祝日の診療】
当院は土日祝日も診療していますので、「平日はなかなか病院に行けない」という方が「職場の健康診断で指示された」としぶしぶ(?)受診されることがあります。
指摘されることの多い項目についてお話します。

 

【視力低下】
ご自分に合った眼鏡を使われていないだけで、きちんと測定すると視力の出る場合がほとんどですが、なかにはドライアイが原因のこともあります。
この場合は目薬によって改善します。

 

【視神経乳頭陥凹拡大】
初期緑内障を疑わせるサインですが自覚症状は全くありません。
これには、OCTという網膜や視神経乳頭を立体的にスキャンできる器械が能力を発揮します。
眼に触れることなく1分ほどで測定可能ですので、指摘を受けた方にはこの検査を行っています。

 

【網膜(黄斑)前膜(上膜)】
網膜の最も視力に影響する部分(黄斑)に薄い膜ができる病気で、進行すると手術が必要になります。これも前述のOCTを使えば簡単に検査できます。

 

【糖尿病・高血圧】
眼底出血を引き起こすことがありますので散瞳検査をお勧めしています。

結膜の出血(2015年1月号)

【最も派手な赤目】
眼科で赤い目というと、細菌やウイルスによる結膜炎や花粉症をはじめとするアレルギー性結膜炎が多いですが、最も派手に赤くなるのは「結膜下出血」です。
自覚症状はあまりないのですが、絵の具で塗ったように広く赤色になるので、「人に言われて」「鏡を見て」受診する方が多いです。 

【流行りのピーク】
少し過ぎましたが10月後半で寒くなりだすと患者さんが増える印象があります。
弛緩した結膜の動きによっても毛細血管から出血しますので、気温や乾燥が影響しているのではないかと思っています。
見た目は派手ですが出血量は少量で、多くの場合10日程で吸収されてしまいますので心配いりませんが、ごくまれにウイルス性の結膜炎や何らかの基礎疾患から発症していることもあります。
違和感が強い場合や繰り返す場合は眼科を受診されることをお勧めします。
特に外傷後の結膜下出血は必ず受診しましょう。

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

07053317144