コラム|豊田市の眼科、近視治療、コンタクトレンズ。土日祝日診療

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

09021317144
2019年12月より変更となりました

診療時間

     

10:00~13:00 / 15:20〜18:30(土日祝は14:00~17:00)

※土日祝については、午前の診療が延長した場合には、開始時間が15:00などに遅れる場合がございます。予めご了承ください。

◆ ご注意とお願い ◆

①当院は一部検査を除き予約制ではありませんので、受付順の検査・診察になります。
電話での呼出サービスを実施していますので、受付・検査をお済ませの上、向かいのショッピングセンターなどへお出掛け下さい。
②受付は終了時間の15分前となりますが、初めてコンタクトを希望される方は、装用練習のため1時間前で受付終了となります。
③土日祝の午前中など患者様が集中した場合(目安100人以上)、午後診療にご案内させて頂く場合がございます。
予めご理解・ご協力の程、宜しくお願いします。
(土日祝については最初から午後3時頃ご来院頂く方がトータルの待ち時間は少なくなる可能性がございます)
④一度、コンタクトを購入された方の追加注文については、購入時にお知らせしているメールアドレスにて対応しております。
⑤「090」の番号へのショートメールを送られる患者様がおられますが、行き違い防止のために対応しておりません。
⑥混雑時は眼前の患者様対応優先のため、電話に出られないことがあります。直接、受付にてご相談下さい。
⑦ナイトレンズ(オルソケラトロジー)についてのお問い合わせが多く受付業務に影響が出ております。
料金・プランなどは無料体験時に詳しく説明いたしますので、電話や受付でのお問い合わせはご遠慮下さい。

コラム

コラムについて

2015年10月号紙面

院長は、目に関する知識の普及を目的に、豊田市・みよし市の地域コミュニティ誌「ピポ」に毎月連載を行っています。

以下、掲載内容の一部を公開いたします。

※「限られた文字数でわかりやすく」という雑誌の編集方針に従い、説明が簡略化されていることをご了承下さい。

花粉症(2020年3月号)

【編集部より】

今月号のテーマは、花粉症です。土日祝日も診療されている松田先生にお話を聞きました。

 

【花粉症】

2月も後半になるとそろそろ「シーズン」です。人によって「受験」「卒業」「転勤」と色々でしょうが、医者の世界では「花粉症」です。今年は暖冬のせいか1月中旬から受診する方が出始めました。

 

【治療】

花粉症は目だけでなく鼻や喉にも症状が出ますし、アトピー性皮膚炎や気管支喘息といったアレルギー疾患をベースに持つ方に症状が出ることも多いので、眼科、耳鼻科、皮膚科、内科など受診される科は多岐にわたります。「どの科を受診すれば良いですか?」と良く聞かれますが、どの科の医師も標準的な治療はできますので、症状の強い科の受診で良いと思います。私の医院でも点眼薬、点鼻薬、内服薬、全て院内処方が可能ですし、抗ヒスタミン薬に抵抗のある方には漢方薬の処方も行っています。症状の出る時期は皆似通っているため、患者さんが集中し、どうしても診察時間が限られてしまいます。「例年飲み薬を使っています」「点鼻薬も欲しいです」など、簡潔に希望を伝えると良いでしょう。

 

【ステロイド点眼】

結膜炎の治療は「抗アレルギー点眼薬」と「ステロイド点眼薬」に分かれます。前者で効果不十分な場合はステロイド点眼薬を使うのですが、眼圧が上がる可能性がありますので、これは眼科で処方してもらう方が良いと思います。(眼圧は上がっても自覚症状がないので、知らない間に視野障害を受ける危険性があるからです)

インフルエンザの予防接種(2019年10月号)

【編集部より】

今年は流行が早く始まっているそうです。平日時間の取れない方のために日曜日に予防接種をされている松田先生にお話を伺いました。

 

【インフルエンザワクチン】

毎年、流行予測に基づいて製造され、10月~12月にかけて順次納品されてきます。接種後2週間で抗体ができ、約5か月間効果があります。不活化ワクチン(感染力の無い物)ですので、接種によりインフルエンザになることはありませんし、妊娠中でも接種可能です。

 

【打つのか打たないのか】

「かかっても抗インフルエンザ薬があるから大丈夫」という話や「打たなくてもかからないから」あるいは逆に「打ってもかかるから」と接種されない方もおられますが、「かかった際に重症化しないため(自分のため)」と同時に「ウイルスに対する集団免疫効果のため(他者のため)」にも接種が望ましい、というのが大多数の医療関係者の意見です。当院のスタッフには全員接種を行います。

 

【いつ打つのか】

「接種始まりました」と聞くと早く打ちたくなる気持ちもわかりますが、乾燥して気道粘膜の抵抗力が落ちる12月~2月が一番重症化しやすいことや抗体の有効期間を考えると11月の接種がお勧めと思います。

飲む日焼け止め(2017年9月号)

【編集部より】

雑誌ピポ「目の紙上相談」第1回です。「飲む日焼け止めの仕組みと副作用が知りたい」とのことです。(相談内容はピポ編集室宛にハガキ・FAX・メールで「眼科相談」としてお送りください)

 

【光老化】

「光老化」という概念があります。例えば、通常の老化で生じる細かいシワと光老化による深いシワを分けて議論する、というもので、この対策については、私が専門医資格を持つ抗加齢医学会でもよく議論されており、その1つに内服日焼け止めがあります。

 

【仕組み】

日焼けの流れを簡単に述べます。まず紫外線が皮膚を刺激し活性酸素を発生させます。次に、メラノサイトがメラニンを生成し活性酵素と共同で皮膚を黒くします。では、この日焼けにどう対応するか。3つ方法があります。①「紫外線自体をブロックする」。これがサンスクリーン剤です。ただ、一般の方が思っているよりも量を多く、回数を複数塗らいないといけないのが弱点です。お子さんや男性は難しいです。 ②「メラニンの生成を防ぐ」。これがハイドロキノンやアスコルビン酸などの美白剤や美容液です。③「活性酸素を消す」。これが飲む日焼け止めです。ニュートロックスサンなど抗酸化力を最大限に高めた天然成分を内服します。

 

【副作用】

植物由来の天然成分であり副作用は報告されていません。小学生以上のお子さんから内服可能です。

花粉症(2016年3月号)

【まずは避ける】

花粉症に対しては、まずは「避ける!」ことを考えます。「マスク・帽子の着用」「室内に入る前は花粉を落とす」「帰ったら洗顔・手洗い・うがい」などがお勧めです。裸眼の方が良いので眼鏡での生活がお勧めです。ただ、今までコンタクトを使用して方には若干抵抗があるようですので、そういう場合は1日交換タイプをお勧めしています。また、花粉症やドライアイを理由に永続的な裸眼生活を希望する方もおられますので、近視の弱い方にはオルソケラトロジー、近視の強い方には眼内コンタクト手術を選択肢の1つとして紹介することもあります。

 

【治療】

治療は「抗アレルギー点眼薬」と「ステロイド点眼薬」を使い分けます。ステロイド点眼薬は眼圧が上昇する可能性があるのでそのチェックのできる眼科で処方してもらいましょう。最近はタクロリムスといった点眼剤も使用できるようになり、重症のアレルギー性結膜炎もコントロール可能となりました。私は点眼薬以外に、鼻炎症状やアトピー体質の有無で抗アレルギー剤の内服や皮膚の保湿剤・軟膏も検討するようにしています。

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

09021317144
2019年12月より変更となりました