花粉症(2016年3月号)|豊田市の眼科、近視治療、コンタクトレンズ。土日祝日診療

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

07053317144

診療時間

     

10:00~13:00 / 15:20〜18:30(土日祝は14:00~17:00)

◆ ご注意とお願い ◆

①当院は一部検査を除き予約制ではありませんので、受付順の検査・診察になります。
②受付は終了時間の15分前となりますが、非常に混雑した場合は早く終了する場合がございます。
③初めてコンタクトを希望される方の受付は、装用練習のため終了時間の1時間前となります。
④「070」の番号へのショートメールは、行き違い防止のために対応しておりません。お電話でお願いします。
⑤一度、コンタクトを購入された方の追加注文については、購入時にお知らせしているメールアドレスにて対応可能です。
⑥ナイトレンズ(オルソケラトロジー)についてのお問い合わせが多く受付業務に影響が出ております。
料金・プランなどは無料体験時に詳しく説明いたしますので、受付や電話でのお問い合わせはご遠慮下さい。

コラム

花粉症(2016年3月号)

2019.04.25

【まずは避ける】

花粉症に対しては、まずは「避ける!」ことを考えます。「マスク・帽子の着用」「室内に入る前は花粉を落とす」「帰ったら洗顔・手洗い・うがい」などがお勧めです。裸眼の方が良いので眼鏡での生活がお勧めです。ただ、今までコンタクトを使用して方には若干抵抗があるようですので、そういう場合は1日交換タイプをお勧めしています。また、花粉症やドライアイを理由に永続的な裸眼生活を希望する方もおられますので、近視の弱い方にはオルソケラトロジー、近視の強い方には眼内コンタクト手術を選択肢の1つとして紹介することもあります。

 

【治療】

治療は「抗アレルギー点眼薬」と「ステロイド点眼薬」を使い分けます。ステロイド点眼薬は眼圧が上昇する可能性があるのでそのチェックのできる眼科で処方してもらいましょう。最近はタクロリムスといった点眼剤も使用できるようになり、重症のアレルギー性結膜炎もコントロール可能となりました。私は点眼薬以外に、鼻炎症状やアトピー体質の有無で抗アレルギー剤の内服や皮膚の保湿剤・軟膏も検討するようにしています。

一般診療

0565287144

コンタクトショップ

07053317144